愛車 廃車 買取業者

一時抹消登録の手続き方法

一時末梢登録は、一時的に自動車の使用を中止する事を登録するためのもの。解体が終了すると、正式に解体届け手続きをおこなう事となります。

 

普通自動車の手続きには、車検証ナンバープレート2枚、車検証に記載されている所有者の印鑑登録証明書です。もし、車検証と印鑑登録証明書の住所が異なるようなことがあったら、その時は住民票を変更したなどの履歴がわかる書類を持っていくこととなります。また、廃車買取業者などが代理でおこなってくれる場合は委任状が不可欠。委任状は、所有者の印鑑証明書の押印がついていなければ無効となりますので注意しましょう。

 

これらの書類をそろえて陸運局にて、手続きをおこないます。まずは書類を販売している窓口で「第3号様式の2」を購入し、車検証に記載されている内容と違いがないように必要項目を記入します。記入したら、まずはナンバープレートを返納窓口にて渡します。手数料納付書の必要項目を記入して一時末梢登録手数料分の印紙を貼り、他の必要書類と共に登録窓口に提出します。記入漏れなどがなく無事に受理されると、一時末梢登録証明書が発行されることとなります。

 

また、軽自動車の場合でも、必要となる書類は同じです。ただ、書類の提出先は陸運省ではなく、管轄の軽自動車協会となります。そこでの手続きとしては、まず窓口で「軽4号様式」を購入して、必要事項を記入。ナンバープレートを返却したら軽自動車税申告書をもらい、これにも必要事項を記入し、他の書類、そして手数料と一緒に窓口に提出します。書類に間違いがなければ、自動車検査証返納証明書が発行されることとなります。


永久末梢登録の手続き方法

自動車をひきとった業者から、解体が無事に終了した事を証明する「移動報告番号」及び「解体記録日」をもらないと手続きをおこなうことができません。

 

普通自動車の場合の必要書類は一時末梢手続きと同じですが、代理人が申請にいく場合は、実印が押された永久末梢用の委任状が必要となります。手続きは管轄の陸運支局。

 

まずは書類販売窓口で「第3号様式の3」を購入して必要事項を記入します。この際、引き取り業者から聞いた「移動報告番号」及び「解体記録日」の記載を忘れないようにします。重量税還付手続きがある場合は、それようの振込口座の記入も必要となります。そしてナンバープレートを返却したら、手数料納付書に必要項目を記入。この際、一時末梢登録では印紙が必要でしたが、永久末梢手続きでは不用。すべての必要書類を登録窓口に提出し、記入漏れ等がなく無事に受理されれば、永久末梢登録手続きは完了となります。重量税還付がある場合は、「自動車重量税還付申請書」が発行されることとなります。

 

ちなみに、一時末梢登録後に買いたい手続きをおこなう場合、先の手続きで頂いた一時抹消登録証明書(原本)を持っていきます。代理人がいく場合は、解体届出用の委任状が必要となります。

 

軽自動車の場合での必要書類は同じで、場所は管轄の軽自動車協会となります。窓口では「軽4号様式の3」を購入し、必要記載を記入。あとの流れは同じとなります。